MENU

債務整理をして借金を分相応に圧縮

キャッシングを利用していたのですが、返済できないほど多額に膨らんでしまいました。もともとローン否定派だったのですが、利用したキャッシングがあまりに便利で、事あるごとに1万円、また1万円と借りていたのです。

 

1万円を使い切るのはあっという間ですが、借金を返済するのは簡単ではありません。借入総額は30万円、50万円、70万円というように膨らんでいき、いつしか100万円にまで到達し、このころから完済は無理だと感じるようになりました。

 

キャッシングは追加利用が可能なので、返済できなくても借入して返済に回すことができますが、これが債務超過への始まりとなりました。借入総額が大きくなるほど毎月の負担も増えてしまい、とうとう返済に行き詰まったのです。金融機関と交渉をしても応じてくれないので、もう債務整理をするしかないと考えました。

 

弁護士に債務整理の無料相談の依頼をし、ここで任意整理を勧められました。キャッシングの場合は自動車ローンや住宅ローンなどと比べて借入総額はまだ少ないので、任意整理で解決する人が多いそうです。この方法で借金を無事に解決することができ、現在は完済をしました。利息がすべてカットされたので、債務整理前より返済がぐっと楽になったのです。

債務整理をして過払い金を取り戻せました

3年ほど前からカードローンを利用するようになり、現在も返済をしています。先日、テレビを見ていたときに過払い金請求について報道をしていたので、自分ももしかしたら過払い金を請求できるのではないかと考えるようになりました。

 

新しく借金はしていないのにも関わらず、返済は3年を過ぎても続いているので、借金利息がかなり高く設定されているのではないかと不安に感じていたからです。問い合わせをしても返済額に間違いはないという答えしか得られないので疑問に感じ、弁護士事務所に相談することにしました。

 

そうしたら債務整理をした方がいいとすすめられ、さらに過払い金が発生している可能性があると教えてくれました。明細などを確認してもらったところ、過払い金請求ができると判断されたので、手続きをお任せすることにしました。

 

その結果、かなり高い利息がとられていたようで、過払い金請求をしてもらったおかげで、過払い金を取り戻すことができ、さらに借金は全て完済することができました。利息の設定などが複雑で自分では理解できない部分がありましたが、弁護士という専門家に依頼をしたおかげで、問題がスムーズに片付けることができ、満足しています。

やってよかった債務整理

家の借金を肩代わりしたことにより、多重債務に陥った時期がありました。しかも健康を損ね、まともに働くこともできなくなり、事態は刻一刻と深刻化していきます。見かねた知人が弁護士を紹介してくれ、債務整理を実施することになりました。

 

住所に従い、マンションの一室にある事務所を訪れると、まずは詳しい聞き取りが始まります。そこで実際の進め方をレクチャーされ、借金の証明となるものや、銀行通帳などを次回持参するよう告げられました。

 

債務整理に強い弁護士という評判は本物で、実に分かりやすく安心です。手間がかかるといえば、何度か事務所に足を運んだくらいで、あとは弁護士が代理人として進めてくれました。正直、当時の状況では、依頼料さえ支払うのが困難でした。そこで弁護士会の補助を利用することになり、問題なく債務整理することができました。

 

無事自己破産を経て免責となり、借金に頭を抱える日々が終わりを迎えます。その後、10年ほどはクレジットカードなどを作ることが出来ず、それには辟易したものです。また、奨学金に関しては親に支払い義務が移っただけで、現在はそれも自分が返済しています。いずれにせよ、無理に自分でなんとかしようとせず、債務整理を実行して正解でした。

お役立ちサイト

  • 借金の返済方法

    効率的に借金を返済する方法や手順、実際に弁護士に依頼して債務整理をした体験談など。

  •  

  • 債務整理のデメリット

    債務整理におけるデメリットを理解したうえで、自分に最適な借金解決方法を選択しましょう。