MENU

個人再生で生活に安心を貰えました

競馬や競輪などのギャンブルが好きでしたが、徐々に掛け金を大きくしたいと思い金融業者からお金を借りてギャンブルをするようになりました。最初の内は、お金を借りても返済に困る事はありませんでしたが、会社の業績が悪くなってしまい、収入が半減したのです。

 

こうなるとギャンブルを止めて返済をしっかりと行うなど、生活を改めなければなりません。しかし、こんな決意もギャンブルで勝と気持ちが大きくなり、次の勝負も勝てると思えるようになり、返済は二の次になってしまい、借入が出来なくなると別の金融業者と言う形で多重債務になりました。

 

返済が出来ない状態が続き、催促も数社から来るようになり、通常の生活がこんなになりました。以前見た情報サイトの債務整理を思い出し、弁護士への相談を持ちかけました。現在の状況や借金をしている金融業者の種類などの説明を行い、自分には自己破産が出来ない、個人再生での手続きが妥当だと言う事を教わったのです。裁判所での手続きになるけれども、弁護士が代理人になってくれるので安心してお願いする事が出来ました。

 

最終的には、借金は現額された形で債務を支払う事になりましたが、個人再生の手続きを行った事は生活に安心を与えてくれると感じました。